« 次の調剤報酬の点数はいくつ?① | トップページ | 患者さんはどんな症状? »

【解説】次の調剤報酬点数はいくつ?①

さて、みなさんどうでしたか?

実は、簡単で難しい内容ではなかったでしょうかsad

レセコンを使わず一度はきちんと自分出て計算してみましたか?

それでは、解説を致しますhappy01

  【解説】

    Rp.   オイグルコン錠2.5mg     1錠

             1日1回  朝食前   30日分

          オイグルコン錠1.25mg    1錠

             1日1回  夕食前   30日分

    まず、通常に計算すると次のようになります。

      調剤基本料                          40点

      薬剤服用歴管理指導料                   30点

      薬剤情報提供料                       15点

      内服調剤料 2剤 30日分      77点×2   =154点

      薬剤料    薬剤1 30日分     2点×30  = 60点

               薬剤2 30日分     1点×30  = 30点

      合計点数                         = 329点

      患者負担金額(負担割合30%)          ¥ 990 円

    となります。

    しかし、ここで処方をもう一度見てみましょうgood

    2調剤の薬品を見てみると、規格は違うものの医薬品名は同じである

    ことがわかります。これは、ある地域の国保連合から、『この医薬品

    は同位置銘柄で規格単位が異なる薬剤が処方されている場合、同一

    薬剤と見なし、1剤として調剤料を算定する。それぞれ別剤としての調

    剤料の算定はできない』としてコメントを頂いたことがありました。

    でわ、この規則に基づいて算定をし直すと、

      調剤基本料                          40点

      薬歴管理指導料                       30点

      薬剤情報提供料                       15点

      内服調剤料 1剤 30日分      77点×1   = 77点

      薬剤料    薬剤 30日分   (2+1)点×30  = 90点

      合計点数                         = 252点

      患者負担金額(負担割合30%)          ¥ 760 円

    となり、¥230円もやすくなることになる。

    この算定は、以下のような処方せんとほぼ同様の結果を得ることがで

    きる。

     Rp.  オイグルコン錠2.5mg       1.5錠

          1日2回 朝夕食前(朝1錠 夕0.5錠)  30日分

    しかしながら、全ての薬において同様の結果が得られるわけではあり

    ません。今回は1錠あたりの薬価が安かったため同様の結果が得ら

    れましたが、1錠あたりの薬価が高額になれば差が大きくなり、更に

    投薬日数が長くなれば大きくなります。しかしながら、差額としては3

    割負担でも最初の処方の2財産邸よりは安くなることは確かだと思い

    ます。

    でわ、最初からそのように処方医がなぜ書かなかったのでしょうか?

    そのことを推測してみると、

      ①調剤算定のからくりを知らないから

      ②半割にする場合、小さいし患者自身に割らせる場合はきちんと

       半分にきるかが疑問、薬局側に行わせても服用時小さくて老

       人等取り出しつまめることができるのか?などの服用時の問題が

       あるから

     ③あえてPTPシートや錠剤の違いなどで服用事故を防止している

    などが考えられる。

    いずれにせよ、先の国保連合会のコメントをきちんと行うのであれば、

    処方医への指導もきちんとして欲しいと思います。また、各地域によ

    りその対応も違うことも事実であるし、更に、レセプト審査官の違いに

    よりも意見は違ってくることもあります。

    もし、このような算定にするのであれば、規格違いに対してもっときち

    んと整理して、薬価もきちんとして(含量が半分なら薬価もきちんと半

    分)もらいたと思います。

    私の意見と致しましては、最初の算定が一番問題ないと思っておりま

    す。

    従いまして、今回の問題の解答と致しましては『¥990円』を一応正

    解と致します。

以上が、解説となりますが、この内容に関して『異議あり!』『こういう考え方は?』などありましたら、コメントを頂けたらと思います。

では、次の問題もトライしてくださいwink          

|

« 次の調剤報酬の点数はいくつ?① | トップページ | 患者さんはどんな症状? »

回答・解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050626/22759754

この記事へのトラックバック一覧です: 【解説】次の調剤報酬点数はいくつ?①:

« 次の調剤報酬の点数はいくつ?① | トップページ | 患者さんはどんな症状? »